まともな出張マッサージ体験談

自分は彼女と二人暮らしをしているのですが、彼女が会社の飲み会で実家に泊まるということだったので、いやらしくない方の出張マッサージを頼みました。ポストによくチラシが入っていたので、その中からまともそうな業者に電話をかけ、30分ほど待っていました。チラシには、若い女子ばかりと書いていたので、「少しでもカワイイ女の子だったらいいな」とワクワクしながら待っていました。

家のチャイムが鳴り、玄関のドアを期待を胸に開けると、外見では、20代前半でスタイルが良く細身で、顔は残念ながら好みな感じではありませんでした。少しガッカリしながら、家に迎え入れました。そのまま、自分と彼女が寝ているベットへ行き、自分はすぐにマッサージしてもらおうとベットの上で横になりました。すると、女の子が「どこが凝ってますか」と聞いてくるので、「腰が最近痛いから腰中心に揉んでほしい」とお願いしました。

女の子が「私オイルを使うのが得意なんですけど、オイルマッサージでいいですか」と言われ、自分は「揉んでくれるならなんでもいいよ」とお願いしました。「では、服を全部脱いでください」と言われ、「下も」と聞くと、女の子は頷きました。照れつつも、バスタオルで隠してマッサージを受けることになりました。

当然、頭の中ではやらしいことがあるのではないかと考えてしまい、半起ち状態になってしまいました。女の子が自分の背中をマッサージしてくれている時は、とても気持ちよくて、とうとう完全に起ってしまいました。「仰向けにされたらどうしよう」と考えながら、なんとかおさまるように、女の子と他愛もない話をしていました。

期待とは裏腹に、本当に背中のマッサージだけで終わりました。腰がスッキリしたのは良かったのですが、この性欲はどうしたらいいのかと思い、女の子が帰った後に、一人で処理しました。まともな出張マッサージだと思っていても、女の子に体を触られると敏感に感じてしまう自分はおかしいのかなと感じた出張マッサージの体験談でした。

ホームに戻る